衆議院議員 神田潤一のブログ

衆議院議員1期目(青森2区選出、自民党公認)の神田潤一です。 「ふるさとの思いを受け継ぎ、新時代をひらき、つくる」をモットーに活動する日々の思いを綴ります。

    今日午後、ヤースケライネン駐日大使を表敬するため、フィンランド大使館を訪問した。
    年明けに、視察のためにフィンランドを訪問することになり、その報告と挨拶のため。
    中曽根康隆先生と上杉謙太郎先生と3人(+外務省・党職員)での訪問だった。
    大使は大変気さくで親しみやすいお人柄で、我々の訪問を喜んでいただき、シナモンロールとコーヒーを振舞ってくださり、フィンランドに関する色々なお話をして下さった。
    (写真中央の中曽根先生が持っているのはフィンランドが産んだ「ムーミン」です笑)

    DA6EA548-A83D-4514-8B7F-2FCF44C9756A


    <女性活躍>
    今日、対応していただいた大使と公使(ナンバー2)と経済担当の一等書記官は、3人とも女性だった。
    ちなみにフィンランドのマリン首相も女性で、現在36歳。
    2019年に首相になった時には33歳で、主要国では最も若い女性指導者として有名である。
    さらに大使によると、連立を組む5党の代表は、5人全員が40歳未満の女性とのこと。
    北欧諸国は福祉国家として有名で、子育てがしやすい環境が整備されたことから女性の社会進出が進み、様々な立場で活躍していると聞いていたが、これほどとは思わなかった。
    帰りの車の中で、中曽根先生と二人でわが国の政治の現状と比べつつ、「並み居る先輩議員たちをどうやって率いているんだろう」「いや、そもそも先輩議員たちはそんなに年下になぜ任せるんだろう」と、ますます興味が湧いてきた。

    <教育>
    フィンランドはNOKIAで有名だが、最近ではスタートアップ政策にも力を入れ、新興企業が続々と生まれているという。
    上記の女性活躍もそうだが、教育のレベルが高いことがその背景になっているのではないかと我々は考えていて、今回の視察でも教育現場を見に行きくことを計画している。
    大使によると、1960年代から教育政策を大きく変えて、現在の姿があるとのこと。
    端的にいえば、教師のレベルアップに注力してきたという。
    保育園や小学校を含めて、教育者には基本的に大学院卒の資格が必要として、大学でも最も優秀な学生が教育者になるように制度を変更した。
    今では、教師が最も人気の高い職業となっており、優秀な教師が優秀な生徒を作るという好循環が生まれているという。

    <エネルギー>
    フィンランドはクリーンエネルギーとして原発を推進しており、オンカロという地域に世界初の核廃棄物の最終処分場を構築していることでも有名。
    日本では今後、最終処分場の選定に向けて議論が進んでいくことが予想され、今回の視察でも、ヘルシンキから片道3時間のオンカロを訪問先の候補に入れている。

    <サウナ>
    フィンランドといえばサウナ。
    大使館の中に大使専用のサウナがあると聞いて、そのことを質問すると、大使はいたずらっぽく笑って、
    「実は、この前増設したので、サウナは1つじゃなくて2つなのよ」
    と教えてくださった。
    そういうフィンランドに敬意を表するためにも、もちろん視察の日程にはサウナ体験を入れることになるはず笑

    今日は、ヤースケライネン大使のお人柄に触れ、またフィンランドの魅力の一端をご紹介いただき、ますます視察が楽しみになってきた。
    しっかり事前に勉強し、日本の課題解決につながるような取り組みを持ち帰りたい。 

    今日の日経新聞に「1億円の壁」が大きく取り上げられていた。
    1億円の所得を境目に所得負担率が下がることを理由に、財務省がキャンペーンを張り、超富裕層に対する課税を強化しようとしている、というものである。
    しかし私は、この政策が間違いであることを、去年の初当選直後からずっと、部会や調査会などで訴えてきた。


    D85E903A-D087-4C66-8CE6-5203E6EC1E00


    「1億円の壁」と呼ばれる上の図は、「金融所得課税」として去年から何度か導入が検討されてきた増税キャンペーンでよく使われてきたが、その度に、大きな反対の声が上がり導入が見送られてきた。
     
    まず、この「1億円の壁」として知られる図には、以下のような大きなカラクリがある。

    • 上記の図の横軸の目盛りの幅がだんだんと大きくなっているが、目盛りの幅を一定にして作り直せば「1億円の壁」など見当たらず、「1億円付近の台地」をピークに緩やかに低下している印象の薄い図になる(はず)
    • 上記の図は「税負担率」として作成されているが、「税負担額」で作成し直せば富裕層の方が大きな金額を負担している(はず)・・・(率で表すことで意図的に印象操作している可能性)
    • 上記の図は単年度の税負担率を表している(と思われる)が、高額納税者は相対的に「ハイリスク・ハイリターン」となっている人が多いと思われ、例えば同一納税者の5年平均の税負担率というグラフを作成すれば上記のような「壁」はかなりなだらかになる(はず)・・・(例えば、5年間のうち4年間はほとんど株式からのリターンがないが、1年間だけ10億円のリターンがあるというような人が結構いて、そういう人もこの図では「所得10億円の人」として表示される)

    さらに、「スタートアップ推進」、「貯蓄から投資へ」、「成長と分配の好循環」、「資産所得倍増」といった政策を進めている岸田政権にとって、以下のような理由で大方針に反することになり、政権の発信するメッセージが大きく歪むことになるとも考えられる。

    • 1億円以上の「超富裕層」と言われる納税者には、創業者として10年間(安い年収で)頑張ってきて、やっと上場してまとまった所得を手にした人や、エグジットで手にした資金を再投資して所得を得ている人たちも含まれており、こうした人たちの金融所得課税を強化することになれば成長資金の循環が損なわれ、政権が企図する「成長」のエンジンが大きく損なわれる可能性
    • 「NISAの恒久化」など、「貯蓄から投資へ」という動きを推進し、経済全体として成長資金を拡大し、スタートアップを推進していく政府のこれまで発信してきたメッセージと逆行し、投資家が失望する可能性
    • 「金融所得課税」の制度設計にもよるが、単純な設計なら庶民の株式投資の楽しみを奪ってしまうし、超富裕層を狙い撃ちにしようとするとかなり複雑な設計になってしまう可能性(あるいは思ったほど税収が上がらない可能性)

     いずれにしても、内外の経済社会に課題が山積し、株式市場に勢いのないこのタイミングで導入すれば、株価に対して致命的な影響を与える可能性がある。
    防衛費が拡大する展望の中で、その財源をどこに求めるかという必要性から出てきた議論であろうが、「取りやすいところから取る」「超富裕層を叩けば政権の支持率回復にもつながりそう」といった安易な考えで導入すれば大きなしっぺ返しを受けるだろう。

    (補足1)企業の内部留保に課税すべき、という議論がある。企業の内部留保は、今のようなリスクの高い時代の「備え」として蓄えているもので、それに課税することは二重課税の問題も含めて賛否両論がある。但し、企業は内部留保に課税されることになれば税金を払うよりも投資を増額するという副次的な効果はあるかもしれない。一方で、個人は金融所得の課税を強化されると確実に金融資産への投資を減らし、不動産など他の資産への投資に回すことになる。そうなれば企図した税収がえられないリスクも大きい。個人よりも(現在の経済状況で儲かっている)企業に対する課税強化の方が筋がいいのではないか。

    (補足2)スタートアップの創業者がエグジットで手にするような株式投資のキャピタルゲイン(売買益)ではなく、毎年安定して得られることが期待できるインカムゲイン(配当益)に課税すべき、という議論もある。もっともインカムゲインに課税すると庶民の株式投資の楽しみまで奪ってしまうというデメリットが大きく、一長一短と考えられる。例えば、キャピタルゲインの課税は強化するが、スタートアップ等に再投資する場合には税控除を認めるなどの丁寧かつ高度な制度設計が必要かもしれない。

    昨年9月にデジタル庁が新設され、来年4月にはこども家庭庁が始まる。
    大きな流れは、省庁間の縦割りになっている「デジタル」や「少子化・子育て」の課題を1箇所に集めることで抜本的な解決に向けた取り組みを加速することだろう。

    ただ、日銀・金融庁という官僚組織と、マネーフォワードというスタートアップを経験した私としては、「ミッション」を柱に「アジャイル」で進めていくという組織やプロセスのあり方にも大きな期待を感じている。


    36304941-A5F3-457F-B8A4-2F8E1E272CF9

    「ミッション」とは、「使命」や「任務」といった意味の英単語で、プロジェクトの「存在意義」や「提供したい価値」のこと。
    「アジャイル」とは、「俊敏な」「すばやい」といった意味の英単語で、仕様変更などに対して柔軟に対応するためのソフトウェアの開発手法のこと。

    物事の変化のスピードが速まり、先行きが見えない不確実性の高い時代の中で、プロジェクトを推進していくためには様々な局面で難しい意思決定が求められ、時にはすばやい方針変更が求められる。
    そうした意思決定の場面で必要なことは、常に「何のためにこのプロジェクトをやっているのか」に立ち返ることと、「変化を恐れずにチャレンジすること」だと思う。
    マネーフォワードでは、課題にぶち当たったら誰からともなく「ミッション」に立ち返ろうという提案があり、とことん議論して正しいと思われる方向性が見えてきたら、失敗を恐れずに早めに方針変更することを繰り返してきた。
    それが結果的に、プロジェクトのスピードを高め、成功する確率を高めて来たように思う。

    そして、「ミッション」や「アジャイル」を重視することは、組織のフラット化につながる。
    そのプロセスにおいて、年齢や役職は無関係となる。
    ミッションをより深く理解し、より勇気を持ってチャレンジすることこそがプロジェクトの推進力になる。
    フラットでフランクなコミュニケーションによって、プロジェクトのスピードが上がる。
    クラウドやチャットツール(slackやdiscordなど)の利用が、そうしたコミュニケーションをサポートしてくれる。

    そうしたコミュニケーションや組織のあり方が、省庁間のしがらみや官僚的な意思決定という中央官庁の欠点を補い、真の「デジタル化」や「こども真ん中」の政策を進めていってくれると大いに期待している。

    今日は選挙区を出て津軽の深浦町へ。
    車で片道3時間半の長旅だ(新幹線なら東京まで着いてしまう笑)。

    10時、深浦町立追良瀬さけます増殖センターへ。
    福沢組合長案内で視察。
    今年は豪雨で河口や川の流れが変わり、遡上が少なめ。
    施設が老朽化し、担い手も高齢化するなど、町営とはいえ厳しい経営。
    それでも今年は、青森県が3000万円を拠出して豊漁の北海道から卵を移入する予定(素晴らしい!)。
    これをしっかり孵して放流し、4年後に期待したい、とのこと。 

    11時、オカムラ食品のグループ会社・日本サーモンファームが経営する大峰川のニジマス中間養殖場へ。
    鈴木社長の案内で視察。
    大峰川は、小さい河川ながら、白神山地からの綺麗な水が年間通して豊富に入手できる素晴らしい環境。
    ここで卵を孵し、500グラムまで育てて、深浦や今別の港のイケスに移して3キロ以上になったら「青森サーモン」として出荷。
    今年は創業から5年目ながら1600トンを出荷。
    これは、青森県のさけますの漁獲量1000トンをすでに超えている、とのこと。
    デンマークの養殖ノウハウを日本に合うようにアレンジして、既に国内最大級の養殖場となっている。
    今後は1万トンを目指してさらに養殖場を増やしていく方針。

    12時半から、深浦町役場に移動し、吉田豊町長、工藤兼光県議、マグロの資源管理に取り組むホリエイの堀内社長なども加わって意見交換。

    EF70A493-B70F-4423-BBAC-20B3B08BB212

    実は、世界の漁獲量は順調に伸びているが、増えているのは「獲る漁業」ではなく「育てる漁業」の部分。
    一方で、日本では「育てる漁業」はほとんど伸びず、「獲る漁業」はどんどん減少していて、世界の潮流から取り残されている。
    そうした中で、この深浦町では、獲る漁業と育てる漁業の両立によって、持続可能な漁業を確立する取り組みが進んでいる。
    日本サーモンファームでは、従業員が26人(平均年齢33歳)に増え、地元の雇用を産んでいるほか、従業員同士が結婚し、子供も今年は4人も生まれたとのこと。
    「深浦モデル」 は、漁業だけでなく、地域の課題を解決する取り組みになりつつある。
     
    鈴木社長の「ここには希望しかない!」という言葉が心に残った。 
    往復7時間かけて来た甲斐があった。 

    11月3日、文化の日は完全オフにした。
    先々週、先週、今週と、本会議、委員会、部会、調査会、議連、会食と、目の回るような忙しさだったのと、明日も朝から東京で仕事が入っているので、今日は地元に戻らずに東京で完全オフにすることにした。

    朝はゆっくり寝て、と思ったら7:45に北朝鮮からミサイル発射。
    しかも新潟、山形、宮城にJアラート発令。
    おちおち寝ていられなくなった。
    続いて8時台にも2発のミサイル発射。
    しばらく情報収集するが、日本には影響なさそうということでホッと一息。
    午前中はそのままデスクワーク。

    午後は折角の快晴、暖かい小春日和なので、中学生の長男と二人でちょっと離れた公園まで車で行って、琥太郎の散歩をすることにした。
    琥太郎にとっては初めて行く公園で、落ち葉を踏みながらずんずん歩いていくと、長男が突然「ここ来たことあるかも」とつぶやいた。
    確かに長女が小学校低学年、長男がまだ3〜4歳の頃によく来ていた公園だ。
    琥太郎も楽しそうだが、長男も懐かしそう。
    暑くもなく、寒くもなく、快適な散歩だった。

    565B3979-BDF1-4AD3-96B2-69CC0C1575D6

    家に戻ってきて、夕方から8キロジョギング。
    1キロ5分ちょっとのペースで、41分ちょっと。
    帰ってきてお風呂に入って、すっかりリフレッシュ!

    北朝鮮のミサイルで始まったものの、終わってみると絵に描いたような秋の休日になった。
    明日からまた頑張ろう!

    と、ここまで書いたらまた北朝鮮からのミサイル。
    明日からまたしっかり頑張らねば!

    このページのトップヘ