衆議院議員 神田潤一のブログ

衆議院議員1期目(青森2区選出、自民党公認)の神田潤一です。 「ふるさとの思いを受け継ぎ、新時代をひらき、つくる」をモットーに活動する日々の思いを綴ります。

    11月、12月は忙しい。
    例年、来年度予算の組成と税制改正がある上に、今年は補正予算もある。
    補正予算は与党内の手続きを終えて、予算委員会と本会議で処理中。
    今現在は、税制改正の議論が本格化している。

    僕の今年の主戦場は主にWeb3、スタートアップ、農水関連になりそうだ。
    中でもWeb3が特に熱い。

    自民党では、春から「NFTホワイトペーパー」と「スタートアップ・エコシステム」の提言をまとめ、「デジタル・ジャパン2022」に盛り込んで推進してきた。
    この分野は、制度整備と税制改正が大きな肝になる。
    その税制改正の戦いの火蓋が、今まさに切って落とされようとしている。

    054B0835-81E2-46E5-A60E-47FBF9206393


    先週、デジタル社会推進本部のWeb3PTで取りまとめた提言は、主に以下の4つ。

    1.新規発行トークンに投資した法人の期末時価評価課税
    (1)自社発行の保有トークンを期末時価評価の対象外へ
    →これはWeb3の起業家が海外に流出しないための必須の税制改正です!

    (2)第三者が保有する短期売買目的でないトークンを期末評価の対象外へ
    →これは(1)と並んで、我が国でWeb3のトークンエコシステムの環境を整備するための必須の事項です!ここまではなんとしても今年やらねば!!

    2.個人の暗号資産の取引に関わる課税
    (1)暗号資産取引による損益を申告分離課税の対象へ
    → 現状は雑所得になり、繰越控除や損益通算が認められていない。海外に比べてかなり厳しい点を改善する必要。

    (2)暗号資産同士の交換による損益を非課税へ
    →Web3は様々なトークンが発行されるトークンエコノミーと言われている。ステーブルコインを含めてトークン同士の交換のたびにその損益に課税されていては手続きが煩雑になり、エコシステムが拡大していかない。

    こうした点を一人でも多くの議員にしっかりと説明し、なんとか一つでも多くの項目を税制改正に結びつけようと奮闘課税する日々である。 

    11月10日(木)の深夜、146円台だった為替レートは2時間ほどで141円台まで円高に振れ、その後もさらに円高方向に振れて、11日(金)の深夜には138円台まで円高となった。
    つまり丸一日で8円も円高に動いたことになる。
    そして現在も140円台半ばで推移している。
    (写真は外為どっとコムのホームページより)

    EBCC15C2-D7F1-4AFF-A158-36D45E2E2183

    10月27日に「円安の潮目が変わったか?」というブログを書いた。
    この時は、「アメリカの景気や住宅市場関連の指標が悪化したことから、FRBが利上げのペースを緩めるのではないか、といった観測がある」と解説した。
    一方で、今回の大幅な動きの背景には、「10月の米CPI(消費者物価指数)の上昇率が7.7%と市場予想(8%程度)を下回ったこと」がその原因らしい。
    いずれの理由も、
    「米国の景気が悪化している指標」
    →「物価上昇ペースも鈍化する予想」
    →「FRBの利上げペースも緩やかになるだろう」
    →「日米金利差もこれまでの予想ほどは広がらないのではないか」
    という連想が背景にある。
    換言すれば、現在の動きは、投機筋がリスクをとって円安方向に行き過ぎたウェイトをかけていた状況から、正常化する方向に巻き直しが入っていると思われる。

    政府・日銀は9月と10月に145円超と150円超の水準で何度かドル売り・円買い介入を行い、急激な円安の動きを牽制してきた。
    今回の円安是正幅は、9月、10月の介入の時よりも大きい。
    しかも今回については介入をしていないという観測が多い(この点は不確実)。
    仮に、政府・日銀の介入がない中でこれだけ円高方向に是正されたのだとすれば、市場参加者のマインドが大きく変わって来ていることを示しているのではないか。

    しばらくは一進一退だろうが、これまでのように一方向に急激に円安に動いていく局面は、これからは起こりにくいのではないか。
    (上記の内容は私個人の考えであり、政府や日銀の見解を示すものではありません)

    今日は、自民党の青森県第二選挙区支部協議会。
    午前中は三八地区、午後は上十三地区と、2回に分けて開催した。

    今回の協議会は、各支部の支部長や幹事長が集まり、来年春に行われる統一地方選挙のうち、
    ・青森県議会議員選挙
    ・八戸市議会議員選挙
    の自民党公認候補を協議・決定し、青森県連に推挙するための大事な手続きだ。
    私は第二選挙区支部長として、協議の進行役を担当した。

    結果的には、全ての公認申請者を全会一致で承認していただいたが、その途中で、さまざまな厳しいご意見をいただいた。
    ・大雨災害や農産物被害などにしっかり対応してほしい
    ・北朝鮮のミサイル発射などを踏まえて、三沢市内にもシェルターを作ってほしい
    ・資材高騰やエネルギー価格の上昇など、中小企業の厳しい経営に経済対策でしっかり対応してほしい
    など。
    中でも、「こうした厳しい状況なのに、大臣が軽率な発言で辞任するなどもってのほか」「選挙戦を戦うのは常に末端の党員であり、そのことを自覚して緊張感を持って対応してほしい」という声も多く、大変ごもっともなご意見であり、しっかり緊張感を持ってやっていかなければと改めて思った。

    以下、今回公認申請を承認した(青森県連に推挙する)立候補予定者である。
    ・八戸市選挙区:清水悦郎、山田知、大崎光明、藤川友信(元)
    ・三戸郡選挙区:夏堀浩一、和田寛治
    ・十和田市選挙区:田中順造、丸井裕
    ・三沢市選挙区:小比類巻正規
    ・上北郡選挙区:工藤慎康、蛯沢正勝、木明和人

    こういう厳しい時だからこそ、一致団結、勝利に向かって頑張りましょう!

     
    65424344-C200-480E-95D1-5FD4A9E07165

    今日、十和田西高校の閉校式に参列した。
    (写真は、来賓挨拶をする小山田久・十和田市長)

    6779AC3F-E9FE-4161-9C79-C6FF081F1CE3

    十和田西高校は平成元年に、県内66番目の高校として開設。
    それ以前は、三本木農業十和田分校として、800人以上の卒業生を輩出してきたとのこと。
    開校にあたっては、地元に県立高校を開設したいという当時の十和田湖町(現在は十和田市に合併)の強い意向が決め手になったらしい。
    それから34年、途中、県内唯一の観光科が開設され、奥入瀬渓流のボランティアガイドや、十和田バラ焼ゼミナール(B1グルメ選手権等)とのコラボなど、地元の観光や地域振興に関する特色ある活動を続けてきた。

    その十和田西高校は、今後は、六戸高校・三本木農業と共に、三本木農業恵拓高校として統合されていくことになる。
    三本木農業恵拓高校でも、今年から奥入瀬渓流のボランティアガイドを開始するなど、十和田西高校からの取り組みの継続を図っている。

    それにしても、去年から、五戸高校、 田子高校に加えて、今回の十和田西高校や六戸高校など、地域の中核となっていた高校の閉鎖が続いていることは、本当に寂しい。
    もちろん、少子化による入学生の減少が直接の原因なのだが、伝統ある、そしてこれまでその伝統を作り、引き継ぎ、地域の中核となってきた学校が閉鎖されていくのは、当該地域にとって大きな損失だろう。
    今日も、これまでの十和田西高校生の取り組みを聞き、また今日参列していた最後の卒業生がコロナ禍でも一生懸命その伝統を守ろうとしてきたことを聞き、心が熱くなった。

    やはり少子化はわが国の最大で最重要の課題だと思う。
    伝統が失われることは、地域の活力が失われていくことである。
    統合先の高校への支援はもちろんだが、閉鎖される高校が所在する地域に対する配慮もまた、必要なことだろうと思った。

    今日午後、葉梨大臣の辞任のニュースが流れました。
    またもや・・・。
    大変残念です。

    葉梨大臣は、岸田派の大先輩です。
    派閥に入れていただいた当初から大変お世話をいただき、いろいろとご指導をいただきました。
    また、大臣になられてからは、法務委員会に参加した時などに拝見していましたが、難しい民法改正案などの審議も丁寧かつ誠実に答弁されていて、大変安定感があると感じていました。
    もちろん、岸田派の当選6回ということで、岸田総理にとっても信頼の厚い議員だったと思います。
    それだけに、今回の辞任に至った経緯は大変残念です。

    改めて、 この厳しい状況を打開していく難しさを感じていますが、目の前の課題を一つ一つ丁寧に解きほぐしていくしかありません。

    2EDB8647-1831-49C7-85FF-7553A00C38CC

    (写真は日経電子版より)

     

    このページのトップヘ